南蔵商店(愛知県武豊町)

南蔵商店(愛知県武豊町)

流行は追わずに価値あるものをつくる。その徹底した姿勢に海外からの引き合い多数。

1872年創業。溜醤油の産地である愛知県の知多半島にある武豊町に位置します。原材料は大豆と塩のみ。一般的な濃口醤油と比べて少ない塩水で仕込むのが特徴で、中には半分以下の塩水で仕込むものもあります。味噌に近い状態のため、木桶の上に石の重しをのせて足掛け3年の時間をかけて熟成をさせます。
職人気質な青木弥右衛門さんと元気いっぱいの奥様との対比が見ていて気持ちよく、息子の良之さんがお嫁さんとともに加わりました。麹づくりに全力を注ぎ、過去の天気から浸漬時間、蒸し時間までを記録。そのデータと麹を割った時の感覚とを照らし合わせて微調整を繰り返しています。とにかく愚直によいものづくりに徹しています。

専門家おすすめの醤油生産者一覧を見る