金七商店

クラシック節で花咲かセット

¥12,760(税込)

金七商店オリジナルの削り器「クラシック箱」と、看板商品である「クラシック節」の男節を合わせたセットです。「クラシック箱」の素材には、木目が美しく堅牢な国産のタモ材を選択。外箱の蓋には、五線譜をイメージした溝と金七商店の焼印のあしらいを。削り器で最も重要視される刃には、鍛冶職人が鋼付けした「藤秀印鰹鉋刃」を使いました。切れ味抜群で扱いやすく、鰹節削りが初めての人にもおすすめです。「クラシック節」とは、カビが与える鰹節への効果の活性化を願って、カビ付けの際にクラシック音楽を流すというユニークな方法で造られた本枯節。昔ながらの“クラシック”な製法ともかけた本格的な鰹節は、手間と時間を惜しまず丁寧に製造された自慢の一品です。そして男節とは、鰹の背中部分を用いた鰹節。脂分が少ないため、透明度が高くあっさりとした上品な味の出汁が取れます。削った時の見た目が綺麗なのも特徴です。

にほんものポイント

丁寧な手仕事が光る、自然の恵みとこだわりが詰まった鰹節です

丁寧な手仕事が光る、自然の恵みとこだわりが詰まった鰹節です

金七商店の鰹節は、種類ごとに原魚の質やサイズにこだわって造られています。また、自然豊かな鹿児島県枕崎市の環境は鰹節造りにぴったり。さらに、昔ながらの製法で造られる中、職人による直接の手入れを欠かしません。これらによって鰹節の高い品質を保っているのです。


日本屈指の鰹節の産地に息づく伝統を守りながら、品質の追求に励んでいます

金七商店がある鹿児島県枕崎市は、鰹節の生産量において日本随一の町。創業60年余りになる金七商店は、鰹節造りの伝統を守りながら、より上質な鰹節を造るために研鑽を積んできました。近年では、年々数が少なくなってきている昔ながらの本枯節の製造にも力を入れています。


「クラシック節」というオリジナル商品で、鰹節の周知に貢献しました

金七商店が注力している「クラシック節」。カビ付けの際にクラシック音楽を流すことで、カビの活性化を願って造られた本枯節のことです。昔ながらの製法で造ることを意味する“クラシック”ともかけたこの商品はメディアでも注目され、鰹節を世間により広めるきっかけになりました。


おすすめコメント

上手に削るコツは、削り器の刃はできるだけ引っ込めて、体重をしっかりかけて削ること。まるで花びらのように、綺麗に削ることができますよ。鰹節を削る際、最初の方はどうしても粉になりやすいもの。しかし鰹節の粉は、和え物などの様々な料理に使ってもおいしいのでおすすめです。

金七商店 4代目
瀨﨑祐介

                     
サイズ
縦240mm×横360mm×高さ200mm
重量 (g)
1,800g前後(鰹節が260~286gと個体差あり、削り器が約1,150g)
産地(県名) 鹿児島県
原材料
かつおのかれぶし(枕崎製造)
賞味期限
製造から1年
内容量
鰹節:約260g
削り器:約1,150g
保存方法
直射日光を避け常温。開封後は節が入っていた袋に入れ、できるだけ空気を抜いた状態でチャックをして冷蔵
発送日数 ※ただいま注文が殺到しており、発送まで2週間以上いただく場合がございます。
送料
1,200円(北海道、沖縄は別料金)
北海道:2,200円
沖縄:2,200円
配送 メーカー直送
備考 ・包装紙をご希望の場合はカートに追加する前に「包装あり」をご選択ください。
イメージ写真は包装紙ありの場合のものです。

関連商品

最近見た商品