朝宮茶 かたぎ古香園(滋賀県)

朝宮茶 朝宮の粋100g

¥1,620(税込)

植物性肥料のみを用いた無農薬栽培を続ける「朝宮茶 かたぎ古香園」が作る煎茶です。栽培されているのは、滋賀・信楽町の名産品であり、日本最古級のお茶の1つともいわれる「朝宮茶」。栽培方法にこだわる中でも特別に肥培管理された茶園で大切に育てられた新芽を使用。春の比較的早い収穫時期に丁寧に刈り取った1番茶は、味と香りのバランスに優れています。特に1煎目を出した後に残る急須の茶ガラの香りのよさは格別。自家用はもちろんですが、贈答用としてもおすすめの一品です。

にほんものポイント

植物性肥料を用いた無農薬栽培を貫き、伝統的な「朝宮茶」を生産する茶園です

植物性肥料を用いた無農薬栽培を貫き、伝統的な「朝宮茶」を生産する茶園です

滋賀県甲賀市信楽町にある「朝宮茶 かたぎ古香園」は、1975年より40年以上にわたり「朝宮茶」の農薬不使用栽培を続けています。菜種油のや胡麻油の搾りかすといった植物性肥料のみ使用し、動物性の堆肥も不使用。除草もすべて手作業で行い、朝宮茶の繊細で深い旨みと香りを支えています。


「朝宮茶」は約1200年という長い歴史を持つ、日本最古級の高級茶です

朝宮茶の始まりは約1200年前。当時の遣唐使である最澄が中国からお茶の種子を持ち帰り、信楽町周辺に植えたことが始まりとされています。以降、朝宮茶は高級茶として発展。日本五大銘茶にも数えられ、全国的に知られるようになりました。


茶葉本来の旨みと香りが生きた、煎茶を中心とした多彩なお茶を作っています

朝宮茶は、しっかりした旨みと清々しい香りが特長。そんな茶葉本来の風味を大切にするため、製茶には昔ながらの浅蒸し製法を用いています。お茶の種類も煎茶をはじめ、番茶や抹茶、紅茶などと幅広く展開。こだわりの無農薬栽培による、茶樹自身が育んだ豊かなおいしさを楽しめます。


おすすめコメント

菜種油や胡麻油の搾りかすなどの植物性の肥料だけを使い、適切に人の手を入れつつ、朝宮茶の繊細な風味を大切にしながら作りました。朝宮茶に特有のしっかりした旨みと清々しい香りをお楽しみください。

朝宮茶 かたぎ古香園 代表
片木明

                     
サイズ
縦125mm×横230mm×高さ30mm
重量 (g)
100g
産地(県名) 滋賀県
原材料
緑茶(滋賀県)
賞味期限
300日
内容量
100g
保存方法
直射日光・高温多湿を避け移り香に注意
発送日数 2営業日程度で発送
送料
300円
配送 メーカー直送
備考

その他おすすめ商品

最近見た商品