庄村久喜

磁の片口

¥19,800(税込)

ボディから注ぎ口へ続く、流れるような美しい曲線が特長の片口です。酒だけでなく、ドレッシングなどの調味料を入れたり、花器として植物や花を生けたりと、用途は多彩。美しいフォルムを活かして、オブジェとして飾るのもおすすめです。絹織物のような不思議な光沢を持つこの器の質感は、唯一無二である独自の白磁釉薬によるもの。また、肌触りは赤ちゃんの肌のようにしっとりと滑らかな仕上がり。汚れに対しても強く、もし汚れが付着しても、漂白剤で落とせます。1300度の高温で焼き締めているため、漂白剤が中に染み込むこともなく安心です。さらに、金属を一切使っていないので、電子レンジの使用にも対応。持っていると何かと便利な、使い勝手のよい器です。

にほんものポイント

有田焼の地で130年以上続く、歴史ある窯元の作家の作品です

有田焼の地で130年以上続く、歴史ある窯元の作家の作品です

佐賀県が誇る名産品の1つ、有田焼。有田焼の始まりは1600年代初期、陶工が有田の地で白磁鉱を見つけたことだそうです。今でも有田陶器市には多くの観光客が訪れます。庄村久喜さんは、明治17年からこの地で有田焼を作り続けている晩香窯の6代目です。


独自の感性と手法でオリジナルの白磁「白妙磁(しろたえじ)」を創案しました

庄村さんは「伝統を守りながら、現代の生活に溶け込むような作品を作りたい」との想いから、新しい時代の白磁、有田焼を追求してきました。そして生まれたのが、絹のような白さと光沢感を持つ「白妙磁」。独自の感性と技術で作られた、新しい有田焼です。


伝統にあぐらをかかない、洗練された魅力を放つ新時代の有田焼です

「白妙磁」は、白の表現を追い求めた繊細な色合いやなめらかな美しいシルエットが特長。洋室にも合うモダンさがあります。独自の技法を編み出し新しいものも取り入れる、有田焼のブランドに頼らない庄村さんのような作家によって、伝統は守られていくのです。


おすすめコメント

白色の持つ無数の濃淡のニュアンスを用い、白の表現を追求した色合いが、酒の色や透明感を引き立てます。

晩香窯 6代目
庄村久喜

サイズ 縦200mm×横90mm×高さ150mm
重量 (g) 600g
産地(県名) 佐賀県
素材 粘土/天草磁器粘土、釉薬/オリジナル白磁
配送 メーカー直送
発送予定日 3営業日程度で発送
送料 990円(北海道、沖縄県は別料金)
北海道:2,200円 沖縄県:1,320円
備考

使用前に必ず一度洗剤で洗って下さい。完全ハンドメイドのため、サイズ、重量ともに多少の違いがあります。専用の木箱付きでお届けします。

関連商品

最近見た商品