丸傳商店

礒笛あわび2個入り

¥10,800(税込)

今もなお海女さんが活躍する伊勢志摩の海に抱かれた、三重県鳥羽市。その地に店を構える老舗の海産問屋自慢の商品である「磯笛あわび」を、2つ詰め合わせました。「磯笛あわび」は、地元の海から海女さんたちが1つ1つ採集した天然の鮑(あわび)を、肝付きのまま独自の製法で姿煮に仕上げたもの。活きのよい鮑でなければ肝付きのまま加工するのは難しいのですが、それが可能なのも鮑を知り尽くした「丸傳商店」だからこそ。生簀に隣接した作業場で新鮮なまますぐに加工し、醤油ベースの「秘伝のたれ」でじっくり味を含ませて素材の味を引き立てています。釜揚げすることでキュッと引き締まった身はしっとりと柔らかくも弾力があり、噛むほどに鮑本来の旨みが口の中に広がる豊かな味わい。好みの厚さにスライスして、まずはそのままのおいしさをどうぞ。

にほんものポイント

伊勢志摩の海が育んだ、新鮮な海産物の卸売や加工販売を手がける老舗です

伊勢志摩の海が育んだ、新鮮な海産物の卸売や加工販売を手がける老舗です

リアス式海岸が形成され、豊かな海洋資源に恵まれている三重県鳥羽市。海女さんが活躍することでも知られています。この地で大正12(1923)年に創業した海産問屋が「丸傳商店」です。伊勢志摩の海で海女さんが採集する、天然の鮑(あわび)を中心とした海産物の卸売・小売や加工販売を行っています。


海女さんが採った天然の海産物を扱い、その旨みを引き出すことにこだわっています

古から今日に至るまで活躍する海女さんたちが採った天然の海産物を使うことと、その素材本来のおいしさを大切にすることが「丸傳商店」のこだわりです。柔らかくジューシーな肉質と鼻に抜ける磯の香り、噛み締めるほど広がる旨みを持つ上質な鮑の、ありのままのおいしさをお届けします。


丸傳商店の鮑のおいしさの秘密は、丁寧な手仕事と「秘伝のたれ」にあります

刺身で食べられるほど新鮮な生きた鮑を大釜で茹で上げ、熱いうちに殻から身を外します。異物が混入しないようひだの中まで丁寧に確認しながら洗い、醤油と酒、塩のみというシンプルな味わいの「秘伝のたれ」と一緒に肝付きのまま姿煮に。これらすべての工程は手作業で行われています。


おすすめコメント

磯の香り高い自然のおいしさが生きた極上の鮑は、酒の肴や正月料理などの祝いの席にもぴったりです。肝は周りのひだをとり、輪切りにして身とともにお召し上がりください。袋に残った漬け汁は、鮑を刻んで入れたご飯の味付けなどに使ってもおいしくいただけます。

丸傳商店 4代目
小久保加織

                     
サイズ
縦231mm×横167mm×高さ57mm
重量 (g)
約510g
産地(県名) 三重県
原材料
あわび(国産)、醤油、清酒、塩(原材料の一部に大豆、小麦を含む)
賞味期限
製造から2週間
内容量
130g
保存方法
冷暗所で保存
開封後は10℃以下で保存しなるべく早めにお召し上がり下さい
発送日数 5営業日程度で発送
送料
1,100円(北海道、沖縄県は別料金)
北海道:1,300円
沖縄県:1,300円
配送 メーカー直送
備考 冬期禁漁期間中において伊勢志摩産鮑が品切れの場合は、国内他地域産の鮑を使用します。あらかじめご了承くださいませ

その他おすすめ商品

最近見た商品