“有限会社 筑波ハム”

【茨城県つくば市】

有限会社 筑波ハム

茨城県つくば市で1983年に創業した「有限会社 筑波ハム」。
養豚業を営みながら、数多くの研究機関が集う立地を活用して食肉加工の技術の習得や乳酸菌の研究を実施。
労力と時間を惜しまず、自社ならではのおいしさを追求した絶品シャルキュトリ(食肉加工品)や乳製品をお届けします。

養豚のノウハウや研究機関の多い土地柄を生かし、原料と製法にこだわったシャルキュトリや乳製品を作っています

養豚のノウハウや研究機関の多い土地柄を生かし、
原料と製法にこだわったシャルキュトリや乳製品を作っています

茨城県つくば市にある「有限会社 筑波ハム」は、1983年に同市で養豚農家として創業。飼育環境や飼料にまで配慮した、こだわりの養豚を行ってきました。また、同市は国や民間の研究機関が多く集まり、その数は国内最大級。もちろん、畜産も例外ではありません。筑波ハムは養豚の傍ら、国の研究機関の1つである畜産試験場でハムやソーセージ、ベーコンなどの作り方を学びました。1から丁寧に手作りするその製法と味わいを、現在でも守り続けています。また、同研究機関内で共同開発したオリジナルの乳酸菌を用いたヨーグルトをはじめ、自家製の乳製品も手がけています。

良質な原料を使い、手間ひまを惜しまず手作りで。
炭火と桜の香る、創業以来変わらぬおいしさを届けます

「おいしいお肉でなければよい製品が出来ない」という考えから、創業以来、原料豚の選定から飼料や飼育環境にも配慮や工夫を重ねてきました。一番多く使われる豚肉には茨城県産を、中でも冷凍していないフレッシュな豚肉を厳選しています。製造も機械だけに頼らず、職人による丁寧な手作り。肉は長期間じっくり熟成し、ハムは1つ1つ天竺布で手巻きして成型しています。また、乾燥には炭火を、燻製(燻煙)には桜の薪を使い、昔ながらの窯焚きをしています。季節によって乾燥や燻煙の時間を調整しているので、いつでも安定した味わいを提供。肉のおいしさだけでなく、炭火でしか出せない風味や上品な桜の燻製香までも楽しめるのは、製法への徹底したこだわりがあるからなのです。

オリジナル乳酸菌をブレンドした「ドリンクヨーグルト」や
自家製チーズなどの乳製品もラインアップ

オリジナル乳酸菌をブレンドした「ドリンクヨーグルト」や
自家製チーズなどの乳製品もラインアップ

「ドリンクヨーグルト」をはじめとしたヨーグルトや、自家製チーズなども取りそろえる筑波ハム。乳製品を手がけるようになったきっかけは、畜産試験場での出会いでした。養豚業時代、豚を健康に育てるため、子豚の腸内環境の改善に着目し、同じ畜産試験場にいた乳酸菌の研究者と力を合わせて乳酸菌の共同研究を実施。オリジナルの乳酸菌を誕生させました。この研究で生まれた乳酸菌が、新商品の開発につながったのです。こうして出来上がったヨーグルト製品には茨城県産の牛乳を使用し、自社培養した数種類のオリジナル乳酸菌をブレンドしています。さらに長時間の発酵・熟成期間を経ることで、超濃厚な口当たりと甘み・酸味・コクの絶妙なバランスを実現しました。爽やかなコクのあるヨーグルトは、ハムやベーコンなどとの相性も抜群。合わせて楽しみたくなる、筑波ハムのもう1つの名品です。

“有限会社 筑波ハム

有限会社 筑波ハム 製造部

前野大志(右)、中山剛(左)

他ではなかなか真似できないほど、良質な原料にこだわり、手間ひまかけた製法を行なっている自負があります。また、各工程の随所には職人による手作業を入れ、1つ1つの製品を丹精込めて仕上げています。上質な味や香りの中にも手作りの温かみが感じられる、贅沢なおいしさをお楽しみください。

有限会社 筑波ハムの商品

筑波ハム・ハム乳製品詰め合わせセット19-10R

筑波ハム・ハム乳製品詰め合わせセット19-10R

原料からこだわり、炭火での乾燥や桜の薪でのスモークなど手間ひまかけた手作りを重んじる「有限会社 筑波ハム」の詰め合わせ。

¥4,860(税込)