姫野作.

【大阪府八尾市】

姫野作.

大正13年に設立した大阪府八尾市の工房。
銅とアルミを原材料にした厨房機器や調理器具を主に製造し、
代々受け継がれた技術で作られる実用的で美しい道具は、
プロの料理人にも愛されています。

伝統の技巧が光る姫野作.の製品は、<br>
プロの料理人も愛用しています

伝統の技巧が光る姫野作.の製品は、
プロの料理人も愛用しています

大正13年に設立し、現在は大阪府八尾市に工房を構える姫野作.は、知る人ぞ知る鍋作りの最高峰の工房です。銅とアルミを原材料にした厨房機器や調理器具を主に製造しており、看板製品である行平鍋をはじめとした多くの製品が、料理のプロたちの愛用の品となっています。実用性はもちろんのこと、魚の鱗のような槌目が美しい姫野作.の鍋たちは、道具であると同時に作品といっても過言ではありません。現在は姫野寿一さんが代々伝わる技術を受け継ぎ、姫野作.の3代目を務めています。

その頑丈さと使いやすさは、<br>
「使い手と一生付き合える製品」です

その頑丈さと使いやすさは、
「使い手と一生付き合える製品」です

そのままだと手で簡単に曲げることができてしまう金属は、叩き締めることで非常に頑丈に生まれ変わります。さらに、叩くことで鍋肌が広がり、熱伝導率がアップ。食材へ均一に熱を伝えられるようになり、焦げ付きにくくなります。食材の味を引き出す鍋として、全国の料理人たちから求められるのも納得です。最後に打ち込まれる「姫野作.」の刻印が光る製品は、代々続く工房の「使い手と一生付き合える製品」という願いが形となったものなのです。

芸術品のような鍋の数々は、<br>
職人の勘と卓越した技術に支えられています

芸術品のような鍋の数々は、
職人の勘と卓越した技術に支えられています

鍋肌全体を覆う、美しい槌目。丈夫な鍋を作るために、熟練の職人が1つ1つ叩き締めた跡です。叩くのは槌目1つにつきたったの1回だけ。金槌をどこに振り下ろすかを決めるのは、職人の勘だけが頼りです。そろった美しい槌目を作れるようになるまで、なんと10年以上かかるそうです。職人たちが培ってきた長年の勘と経験、そして磨かれた技術力によって、姫野作.の鍋は出来上がっていきます。金槌と金属がぶつかり合う「ガン、ガン」という音が、今日も工房には朝から晩までリズミカルに響き渡っています。

姫野作. 3代目

姫野作. 3代目

姫野寿一

「使い手と一生付き合える製品」という考えは、今の大量消費、使い捨ての時代において古臭い考えかもしれませんが、これを崩すことなく日々「姫野作.」の刻印を打ち続けていきたいと思っています。

姫野作.の商品