“丸傳商店

【三重県鳥羽市】

丸傳商店

鮑(あわび)の名産地として知られる、三重県鳥羽市。「丸傳商店」は、この地で約100年続く老舗の海産問屋です。
現役の海女さんが採る天然の鮑を中心とした海産物を扱い、そのおいしさを最大限引き出すことにこだわっています。
磯の香りと旨みがぎゅっと詰まった、上質な鮑をご堪能ください。

大正12年に創業した、
伊勢志摩産の海産物を扱う海産問屋です

大正12年に創業した、 伊勢志摩産の海産物を扱う海産問屋です

「丸傳商店」は、大正12(1923)年創業の三重県鳥羽市にある海産問屋です。創業当時から都市部の魚市場を中心に、鮑(あわび)をはじめとした海産物の卸売業を営んでおり、現在では小売や加工販売も行っています。鳥羽市や伊勢市、志摩市などにまたがる伊勢志摩国立公園は、入り組んだリアス式海岸が形成されている地。太平洋からの海流と、木曽川や長良川、揖斐川などの大きな河川から伊勢湾に豊富な栄養を含んだ山の水が流れ込み混ざり合うため、非常に豊かな海洋資源に恵まれた海域です。古くから鮑の産地として、そして現在でも海女さんが活躍する地域として知られています。そんな名産地で約100年続く老舗の海産問屋から、選りすぐりの鮑をお届けします。

海女さんが採った海産物の、
その本来の旨みを大切にしています

海女さんが採った海産物の、 その本来の旨みを大切にしています

「丸傳商店」のこだわりは、2つあります。1つは海女さんが採った天然の海産物を使用することで、もう1つはその素材の旨みを大切にすることです。海藻の森が広がる伊勢志摩の海は上質な鮑の名産地であり、そこで採れる鮑は古来より朝廷や神宮に献上されてきたほどです。同時に、はるか昔から今日に至るまで多くの海女さんが活躍する海でもあり、その数は日本でも最多です。海女さんが採集してきた天然の鮑は、柔らかくも弾力のある肉質と鼻に抜ける磯の香りが特長で、噛み締めるほど口の中に旨みが広がっていきます。自然が育んだこの味わいを最大限に生かすには、小手先のテクニックは不要です。真摯に素材と向き合い、ありのままのおいしさをしっかり味わえるよう尽力しています。

丁寧な手作業と独自の「秘伝のたれ」が、
新鮮な鮑のおいしさを最大限に引き出しています

丁寧な手作業と独自の「秘伝のたれ」が、 新鮮な鮑のおいしさを最大限に引き出しています

看板商品である「磯笛あわび」には、生きた鮑を使用。刺身で食べられるほど鮮度抜群な鮑を大釜で茹で上げた後は、熱いうちに殻から身を外して洗っています。また貝殻の破片や砂粒などが混入しないよう、洗う際には身の表面だけでなくひだの中など隅々まで確認。鮑は大きさも形も1つ1つ異なるため、これらの工程はすべて手作業です。その後、肝付きのまま独自の製法で姿煮にします。「丸傳商店」に代々伝わる「秘伝のたれ」で味を含ませて仕上げているのですが、使われている調味料は醤油と酒、塩のみ。鰹や昆布などの出汁は一切使っていません。素朴な合わせ調味料の塩梅が、「秘伝」たる所以。丁寧な手仕事と、シンプルながらも絶妙な味付けが、鮑のおいしさをさらに引き立てているのです。

小久保加織

丸傳商店 4代目

小久保加織

「磯笛」とは、海女さんが潜水する時に出す口笛のような呼吸音のこと。伊勢志摩では波音とともによく聞かれる、美しい響きです。そんな当地の情景を、鮑を通して感じていただけたらと思い「磯笛あわび」と名付けました。贈られた方は喜び、贈った方も満足できる、そんな鮑です。

丸傳商店の商品

礒笛あわび3個入り

礒笛あわび3個入り

鮑の名産地で約100年続く老舗の海産問屋「丸傳商店」が作る看板商品「磯笛あわび」。ジューシーな鮑本来の旨みを味わえます。

¥21,600(税込)
礒笛あわび4種詰め合わせ

礒笛あわび4種詰め合わせ

伊勢志摩の海の幸を楽しむ贅沢なセット。老舗の海産問屋が作る自慢の「磯笛あわび」や「磯笛さざえ」など4点を詰め合わせ。

¥16,200(税込)
礒笛あわび2個入り

礒笛あわび2個入り

鮑の名産地で、鮑を知り尽くした老舗の海産問屋が独自の製法で作る「磯笛あわび」。海女さんが採った天然の鮑を使用しています。

¥10,800(税込)
礒笛あわび/あわび醤油詰め合わせ

礒笛あわび/あわび醤油詰め合わせ

海女さんが採った天然の鮑を使い、老舗の海産問屋が独自の製法で作った鮑と鮑の出汁醤油の詰め合わせ。鮑の旨みを堪能できます。

¥6,000(税込)
礒笛あわび/礒笛さざえ詰め合わせ

礒笛あわび/礒笛さざえ詰め合わせ

鮑の名産地で約100年続く老舗の海産問屋が、独自の製法で作る鮑とサザエをセットに。海女さんが採った天然の海産物を使用。

¥6,000(税込)