尾道造酢

【広島県尾道市】

尾道造酢

400年以上の間受け継がれてきた酢酸菌をもとに、こだわりの酢を造っている尾道造酢。
その品質は、企業や飲食店から一般家庭に至るまで重宝され、日本の食卓の味を支え続けています。

400年以上の歴史を誇る<br>恵まれた自然環境に支えられた老舗企業です

400年以上の歴史を誇る
恵まれた自然環境に支えられた老舗企業です

歴史と伝統、そして豊かな自然に守られながら、日本の食文化に深く根付く酢造りを行ってきた老舗企業が、尾道造酢です。本能寺の変が起こった年でもある1582年に創業し、以来約400年以上、酢酸菌による独自の発酵方法によりこだわりのお酢を造り続けてきました。また、その歴史と伝統を支えているのが、尾道の豊かな自然環境。穏やかな気候となだらかな傾斜のある地形、そして質のよい清らかな水が、酢の原料となる良質な農作物を育みます。長年愛され続ける尾道造酢の酢造りの根幹には、昔ながらの伝統製法と、恵まれた自然環境が生み出した上質な原料があるのです。

昔から連綿と受け継がれる生きた酢酸菌をもとに、<br>妥協しない酢造りにこだわります

昔から連綿と受け継がれる生きた酢酸菌をもとに、
妥協しない酢造りにこだわります

品尾道造酢では、酒を絶えず流しながらアルコールを酢にしていくという、独自の発酵方法を用いています。そこで大切になってくるのが上質な酒です。3年間じっくり熟成させた酒粕を、伝統的な木製の槽(ふね)を使ってゆっくりと時間をかけて搾り、透明な液体に。この液体に酢酸菌を付けて、酢酸発酵を促します。発酵槽の表面に浮かぶ上澄みが、生きた酢酸菌。400年以上もの間大切に守られ続けてきた蔵に住み着いた酢酸菌には、毎日の世話が必要不可欠。365日欠かすことなく世話をして最適な状態を維持することで、その確かな品質を保っているのです。代々受け継がれる良質な菌を生かした尾道造酢の酢造りには、日本ならではの文化が感じられます。

長い時代を生き抜く中で、<br>時代の流れに沿った商品開発を行ってきました

長い時代を生き抜く中で、
時代の流れに沿った商品開発を行ってきました

尾道造酢は伝統を守りつつ、時代に沿った様々な商品を開発しています。その歴史を語るうえで外せないのがマヨネーズとの関係。1954年から西洋酢の開発に着手し、マヨネーズの原料用食酢の製造を担っていた時期がありました。調味酢やフルーツビネガーなどは、今も人気の高い商品です。米や酒粕を原料とした調味酢は、シンプルに日本料理と合わせて。麦芽や果汁が原料の酢は、マヨネーズやドレッシングなどの原料として、多彩な料理への調味料にも使用されます。また、蜂蜜を加えて飲みやすくした果実ベースの飲用酢はえぐみがなく、豊かな香りと優しい甘みのなかにほのかな酸味が感じられ、健康飲料としても好まれます。

尾道造酢 取締役工場長

尾道造酢 取締役工場長

丸尾仁人

尾道造酢のお酢は、400年以上の生き続ける良質な酢酸菌と人間が共存して造り上げてきた、歴史を感じる味わいです。その豊かな香りとまろやかさを、ぜひ1度体験してみてください。

尾道造酢の商品

尾道造酢 おすすめ商品3本セット(そのまんま酢のもの、そのまんま酢のもの紅酢、尾道特産フルーティーぽん酢)
尾道造酢 こだわり醸造酢3本セット(尾道モルトビネガー、りんご酢、ぶどう酢)
地元産果実の飲むお酢(希釈用)3本セット(無花果酢いーと、柿酢いーと、葡萄酢いーと)