茶工房比留間園

【埼玉県入間市】

茶工房比留間園

「極茶人」の異名を持つ園主が営む、茶工房比留間園。
狭山茶の産地として知られる埼玉県入間市では比較的新しい、創業40年余りの茶園です。
手もみ茶を始めとした様々な茶を手掛け、その異名の通り極上の品質にこだわって栽培から製茶、販売まで行っています。

「極茶人」の異名を持つ園主が営む、<br>狭山茶の産地・埼玉県入間市の気鋭のお茶屋です

「極茶人」の異名を持つ園主が営む、
狭山茶の産地・埼玉県入間市の気鋭のお茶屋です

茶工房比留間園は、狭山茶の産地として有名な埼玉県入間市にある茶園。「極茶人(ごくちゃにん)」の異名を持つ園主・比留間嘉章さんが、茶葉の栽培から製茶、販売までを手掛けています。「極茶人」という名前は、以前のメディア出演の際についた「極上茶仕掛け人」というニックネームに由来しているそう。創業40年余りという入間市の中ではまだ新しい茶園ですが、その品質は確か。茶に関する数多の受賞歴を持つ園主の比留間さんが、その異名に恥じないこだわり抜いた極上の茶を作り続けています。

「手もみ茶」を追求し続けている園主が、<br>茶の伝道師として尽力し続けています

「手もみ茶」を追求し続けている園主が、
茶の伝道師として尽力し続けています

園主の比留間さんが特に得意としているのが、「手もみ茶」。比留間さんは様々な茶の品評会で、茶師の最高栄誉ともいわれる農林水産大臣賞を7度も受賞。さらに全国手もみ茶振興会では会長を務め、「茶匠」の資格を持ち、「十段」の段位を得ていて、「茶聖」の称号も授与されるなど、国内でも屈指の実力者です。そのこだわりは細部にまで及び、極上手もみ茶のための新しい淹茶法「八重奏(やえのかなで)」を編み出したほど。日本でも指折りの最高級茶の取り扱いもしており、上質な手もみ茶の伝道者としても尽力し続けているほか、2000年から日本茶インストラクター第1期生としても活動していて、国内外に茶の魅力を発信し続けています。

茶に関する研究を怠らず、日本茶に<br>華やかな香りをまとわせる手法を考案しました

茶に関する研究を怠らず、日本茶に
華やかな香りをまとわせる手法を考案しました

茶工房比留間園は生茶葉の防衛本能から生まれる香りである萎凋香(いちょうか)の研究にも力を入れています。比留間さんは「茶に花や果実、蜜のような華やかな香りを持たせたい」との想いから、紫外線照射芳香システム「UVT-HIRUMA」を考案。華やかな香りをまとった日本茶ができることを証明したことにより、萎凋香のパイオニアとしても広く知られています。また、埼玉県で育成された品種の茶葉も多数栽培。手もみ茶をはじめ深蒸し茶や微発酵煎茶、半発酵茶や紅茶など様々な茶を手掛けており、定番から個性的な茶まで豊富に取り揃えています。

茶工房比留間園 園主

茶工房比留間園 園主

比留間嘉章

伝統を大切にしながらも斬新さを求めて、茶の研究や技術開発を行ってきました。手摘みや手もみによって時間をかけて丁寧に作られた上質な茶、花や果実のような華やかな香りが立つ新境地の茶を、ぜひご堪能ください。

茶工房比留間園の商品

Japanese Tea selection Paris 2019~2020 受賞茶四趣
かろやか

かろやか

¥1,080(税込)
彩の国の品種茶 紅茶八趣
甘味大臣

甘味大臣

¥1,080(税込)