株式会社三輪山勝製麺

【奈良県桜井市】

株式会社三輪山勝製麺

国内でも有数の素麺の産地である奈良県にあり、創業は200年以上も前と長い歴史を持つ老舗「株式会社三輪山勝製麺」。
職人が吟味を重ねた上質な素材と昔ながらの手延べ製法を用いて、真においしい麺作りを追求し続けています。

はるか昔から人々の命を繋いできた素麺で、
食の満足を追求する製麺所です

はるか昔から人々の命を繋いできた素麺で、
食の満足を追求する製麺所です

日本有数の素麺の産地である奈良県に拠点を置く「株式会社三輪山勝製麺」。400年余りにわたり伝承されてきた手延べ製法を用いて、素麺やうどんの製麺業を営んでいます。奈良県における素麺の起源は約1200年前。飢餓を救うため、収穫された小麦からなる小麦粉と三輪山の霊水を原料に保存食を作り始めたことに由来と言われています。三輪山勝製麺の始まりは文化元年の1804年、初代が農閑期の副業として素麺作りを取り入れたことから。その技術は代々受け継がれてきて、現在の山下勝山さんで6代目を数える老舗です。「真においしい麺」とは何かを追い求めた山下さんは、試行錯誤の末、ついに理想の素麺「一筋縄」を誕生させました。「麺を通じて食の満足を提供する」という理念を掲げ、こだわりの麺作りを続けています。

三輪山勝製麺自慢の素麺「一筋縄」。
理想の素麺の実現のため、素材の吟味は欠かせません

三輪山勝製麺自慢の素麺「一筋縄」。
理想の素麺の実現のため、素材の吟味は欠かせません

「一筋縄」とは、三輪山勝製麺を代表するブランドです。6代目・山下勝山さんが思い描く理想の素麺を追い求め、厳選された良質な素材を用いています。まず、製粉会社と共に開発した、中力粉と薄力粉をブレンドしたオリジナルの小麦粉を使用。グルテンの含有量にも気を配った小麦粉で、表面は柔らかく芯にはしっかりとコシのある麺を作るのに欠かせない素材です。粉をつなぐのは、天日塩。ミネラルを豊富に含んだまろやかな天日塩は、麺の中に塩分が残りにくいため、小麦粉の甘みを損ないません。通常、そうめん作りに油はかかせません。製造時、麺と麺が引っ付かないように、油を塗ります。しかし油を使わずそうめんを作るという発想は当時誰も持ち合わせていませんでした。 それどころか、「油を使わないそうめんなどそうめんではない」とまで言われました。しかし山下勝山は、小麦粉の風味を損なわないようにするには、なんとしても油不使用でなければだめだと試行錯誤の末、地元・奈良が誇る吉野葛を油の代わりに使い、「一筋縄」を完成させました。これにより、麺本来の無垢な白さと艶、小麦の風味が守られるだけでなく、つるつるとした抜群の喉越しをも実現しているのです。見た目・香り・味・コシ・喉越しのすべてが上質な素麺「一筋縄」を、ぜひご堪能ください。

熟練の麺職人の意地と技により、
素材のよさが生きた上質な麺が育ちます

熟練の麺職人の意地と技により、
素材のよさが生きた上質な麺が育ちます

素材を選び抜くだけでは、おいしい素麺はできません。素材の旨みを生かしながら麺にコシを与えるには、麺職人の腕が必要です。三輪山勝製麺では、「より(こより)」をかけて引っ張ることで麺を強くする昔ながらの手延べ製法を用いています。柔らかな食感にするべくグルテン量の少ない小麦粉を使っているため、「より」をかけることで強い麺に育てているのです。麺を熟成させる工程では、冬場のような低温低湿という熟成環境を叶えるべく、独自の空調装置を作り対応。室内で乾燥しながらも、冬場の天日干しとほぼ同等の仕上がりを実現させました。低温でじっくり熟成させながら手間ひまをかけて延ばしていくことで、麺の持つ旨みや甘みを引き出しています。絶対においしい麺を作りたいという麺職人の意地と確かな技術が、柔らかさとしっかりしたコシを持つ理想的な麺を生み出すのです。

山下勝山

株式会社三輪山勝製麺 6代目

山下勝山

これまでの素麺作りを通して、食べた方に満足していただける麺作り「一筋」に尽力するという信念の下、究極の素麺「一筋縄」を作り上げました。伝統と革新を大切に、本当においしい麺を提供し続けることが弊社の使命です。素麺のふるさと三輪から、1本1本心を込めてお届けします。

株式会社三輪山勝製麺の商品

一筋縄そうめん詰合せ
一筋縄細平めん詰合せ
金麦縄平そうめん・一筋縄そうめん詰合せ