Shimoo Design

【富山県富山市】

Shimoo Design

「Shimoo Design(シモオデザイン)」は、下尾和彦さん、さおりさん夫妻がユニットを組む木工家具作家です。
コンセプトは、「美しい日本の道具」。
洗練された自然美と手仕事の温かさが共存する作品は、現代の生活空間に新しい和の形を提案してくれます。

「日本美」を追求した家具を製作する、富山県に拠点を置く夫婦2人のユニット木工家です

「日本美」を追求した家具を製作する、
富山県に拠点を置く夫婦2人のユニット木工家です

「Shimoo Design(シモオデザイン)」とは、下尾和彦さん、さおりさん夫妻によるユニット木工家。「美しい日本の道具」をコンセプトに、日本の文化や美意識を現代のライフスタイルに落とし込むことを目的としています。2人がそれぞれ家具作りの修業を経た後、1997年に独立。緑豊かな富山県富山市の八尾町に、住まい兼アトリエを設立しました。天然木材を用いた家具やインテリア小物のデザイン及び制作を主に行い、すべて手作業による仕上げ。あくまでもメイド・イン・ジャパンを基本とし、流行や時代を感じさせない「日本の美」を追求しています。その洗練された美しさと潔さが、「Shimoo Design」ならではの魅力です。

多様化する価値観が渦巻く世の中で作品の「情緒的」な価値を大切にしています

多様化する価値観が渦巻く世の中で
作品の「情緒的」な価値を大切にしています

モノがあふれ、人々の価値観が多様化する現代。そんな中で、本当によいものを世に送り出すにはどうすればよいのか。日々考え続けてたどり着いたのが、作品の機能的な価値に加えて「情緒的」な価値を大切にすることです。「Shimoo Design」製の道具は使いやすいのはもちろん、空間を彩り、生活に潤いを与えてくれます。そこはかとない懐かしさを感じつつ、現代のライフスタイルに溶け込む新しい和の形が、ささやかな幸福と心の余裕をもたらしてくれます。

昔ながらの伝統技法と独自の技法を合わせることで、新しい着色技法を編み出しました

昔ながらの伝統技法と独自の技法を合わせることで、
新しい着色技法を編み出しました

「Shimoo Design」の作品の中に、「浮様(ふよう)」というシリーズがあります。「浮様」とは、美しい木目を生かす日本の伝統技法「浮造り(うづくり)」と独自の着色技法で仕上げた技術のことを指す造語です。人体にとって優しい塗料を塗り重ねた上からガラス塗装を施すことで、ほぼ無塗装のような質感を実現。アトリエで主に扱われるタモ材の木目の美しさを、最大限に引き出しています。「朽ちてゆくものの中に憧れを抱き、新しきものの中に時を刻む」をテーマとし、道具としての価値を追求した上で現代の生活に落とし込んだ作品です。耐水性、耐油性もある程度備えているため、普段の食器と同じように洗え手入れも簡単。自然の美しさをそのまま切り取ったような、一度見たら忘れられない印象的な器です。

下尾さおり、下尾和彦(右)

Shimoo Design

下尾さおり、下尾和彦(右)

空間を「飾る」ことや、生活の場を作る「室礼(しつらい)」というのは、せわしない日々の中で感情をクリーンにするのに効果的だと実感しています。私たちの生み出す作品で一人でも多くの人々に、ほんの少しの「幸」を感じて頂けたら幸いです。

Shimoo Designの商品

浮様丸皿240mm

浮様丸皿240mm

¥15,400(税込)
浮様丸皿280mm

浮様丸皿280mm

¥19,800(税込)
浮様丸盆300mm

浮様丸盆300mm

¥25,300(税込)