塗師 中野知昭

【福井県鯖江市】

塗師 中野知昭

塗師・中野知昭さんは、福井県鯖江市にて「河和田塗り(越前漆器)」の制作を行う作家です。
熟練の技と経験から生み出される中野さんの作品は、
漆ならではの温かく優しげな質感とふっくらした手触りが特長。
どこから見ても美しい一生物の器が、生活に優しく寄り添います。

福井県鯖江市で暮らしの漆器を作る、
熟練の漆塗り職人です

福井県鯖江市で暮らしの漆器を作る、
熟練の漆塗り職人です

国内有数の漆器の産地である、福井県鯖江市。塗師・中野知昭さんは、この地で漆器の制作を行う作家です。漆器の生産は一般的に分業制となっており、下地は下地師、砥ぎは砥師、仕上げの塗りは上塗り師というように、各工程で請け持つ職人が異なっています。しかし中野さんは、木地師とやり取りしながら器の図面を描いて形をつくり、下地から仕上げの上塗りまでの工程を自ら行っています。このスタイルをとっているのは、1つの漆器を形作るそれぞれの工程を自分なりに納得いくものにしたいという純粋な想いから。伝統的な漆器の技法と塗師・中野さんの感性や想いが融合した漆器は、どこから見ても美しく堅牢な仕上がりです。使うほどに味わい深く育ちながら、一生ものの器として使い手の生活に寄り添ってくれます。

長い歴史と伝統を誇る、
「河和田塗り」という漆器を生産しています

長い歴史と伝統を誇る、
「河和田塗り」という漆器を生産しています

中野さんが制作する漆器は「河和田塗り」または「越前漆器」とも呼ばれる漆器で、福井県鯖江市の伝統的工芸品の1つです。その起源はおよそ1500年前の、古墳時代のあたりからだといわれています。この地域で漆器づくりが発達した理由は主に2つあり、1つは当時勢いのあった浄土真宗の法要において漆椀が用いられ需要が高く、漆塗りの椀づくりが盛んだったこと。そしてもう1つは、漆の木から樹液を採取する漆掻き職人が多く存在していたことです。彼らは「越前衆」とも呼ばれ、農閑期に出稼ぎとして全国の山に出かけて行き、漆を採取していました。最盛期には、全国の漆掻き職人の約半数を占めていたそう。またその際、漆掻きの道具の形状や漆掻きの方法が各地に広まったとされています。

漆の柔らかく優しい質感の残る、
「真塗り」という仕上げが特長です

漆の柔らかく優しい質感の残る、
「真塗り」という仕上げが特長です

凛とした美しさの中に、どこか温かく優しげな質感を感じられる中野さんの漆器。その秘密は「真塗り」という、上塗りの工程で行う仕上げの方法にあります。この真塗りという技法は、最後に磨きをかけず、漆を塗ってそのまま仕上げるというもの。埃や塗りムラを残さないように塗るには、熟練の技術が必要とされる方法です。漆器の産地で25年以上活躍し、卓越した上塗りの技術とリズミカルな手際のよさを有する、中野さんならではのやり方でもあります。また上塗りの漆にもこだわっており、中野さん自身が精製した、手黒目や天日黒目などとも呼ばれる漆を使用しています。漆の本来持つふくよかな手触りに心地よい口あたり、そして柔らかく上品な光をたたえた温かみを存分に感じられるのが、中野さんの漆器の特長なのです。

中野知昭

塗師

中野知昭

漆器というと扱いが難しいと思われがちですが、毎日の生活で気軽にお使いいただけるよう、手間暇をかけ、丈夫で実用性の高い漆器を制作しております。手入れも簡単で、万が一に傷んだ際は修理が出来るのも、漆器の利点です。末長く使える漆器を、ぜひ日常に取り入れてみてください。

塗師 中野知昭の商品

三ツ組椀 黒 - にほんものストア

三ツ組椀 黒

こちらの三つ組のお椀は、福井県鯖江市で暮らしの漆器を作る塗師 中野知昭さんによる作品です。漆本来の柔らかくふくよかな質感が美しい中野さんの作品は、下地から塗りまでの工程を自らの手で仕上げています。

¥46,200(税込)
日愉椀 小 朱 - にほんものストア
売り切れ

日愉椀 小 朱

下地から塗りまでの工程を自ら行い、日常使いの漆器を制作する福井県鯖江市の塗師 中野知昭さん。こちらは、代表作の1つでもある朱色の漆椀です。漆本来の、柔らかくふくよかな質感もポイント。

¥11,000(税込)
日愉椀 小 黒 - にほんものストア

日愉椀 小 黒

下地から塗りまでの工程を自ら行い、普段使いの漆器を作っている福井県鯖江市の塗師 中野知昭さん。こちらの黒色の漆椀は、彼の代表作の1つでもあります。漆本来の、優しげでふくよかな質感にも注目です。

¥11,000(税込)
羽反飯椀 中 朱 - にほんものストア

羽反飯椀 中 朱

福井県鯖江市にて普段使いの漆器を制作する塗師 中野知昭さん。下地から塗りまでの工程を自ら行い、漆本来の柔らかくふくよかな質感を大事にする中野さんが作った朱色の漆の飯椀です。

¥14,300(税込)
羽反飯椀 中 溜 - にほんものストア

羽反飯椀 中 溜

福井県鯖江市にて暮らしの漆器を制作する塗師 中野知昭さん。下地から塗りまでの工程を自ら行い、漆本来の柔らかくふくよかな質感を大事にしています。そんな中野さんが作る、溜色の漆の飯椀です。

¥14,300(税込)