“秋田比内地鶏生産責任者の店

【東京都渋谷区】

秋田比内地鶏生産責任者の店 本家あべや

日本三大美味鶏の1つである「秋田比内地鶏」を専門に扱う料理店。
生産責任者から直送される新鮮な比内地鶏の丸鶏を店で捌き、そのおいしさを堪能できるさまざまな料理を提供しています。
中でも、秋田の美食の粋を集めたきりたんぽ鍋は絶品の味わいです。

生産者の想いとおいしさを料理で伝える、
秋田比内地鶏専門の料理店です

生産者の想いとおいしさを料理で伝える、
秋田比内地鶏専門の料理店です

2006年に創業した「秋田比内地鶏生産責任者の店 本家あべや」は、秋田のブランド地鶏である比内地鶏を使った料理店。「比内地鶏のおいしさを知っていただきたい」との想いを胸に、生産責任者から毎日直送される新鮮な丸鶏を、お店で丁寧に捌いて提供しています。比内地鶏の鶏肉や鶏卵を使った料理をはじめ、お米や野菜など秋田の食材もふんだんに取り入れた多彩なメニューをそろえています。中でも、きりたんぽ鍋はお店の名物料理です。比内地鶏の本場である秋田のほか、東京や静岡にも店舗を展開。お店の料理を通じて、比内地鶏の故郷である秋田・比内町の雄大な大地や鶏を丹念に育てる生産者の想い、そして何よりそのおいしさを広く伝えることを使命としています。

”長い歴史を持ち、大切に育てられた比内地鶏は、

長い歴史を持ち、大切に育てられた比内地鶏は、
日本三大美味鶏の1つです

秋田県北東部、奥羽山脈の麓に位置する大館盆地一帯の比内地方。比内地鶏を育むこの地の地質には海の生物の死骸を含む厚い砂や泥が多く、質のよい鶏が育つ土壌だとされています。この地域で古くから飼育されていた「比内鶏」は、そのおいしさから江戸時代には年貢としても収められていたほど。昭和17(1942)年には学術的価値を評価され、国の天然記念物の指定を受けました。その反面、天然記念物として指定された比内鶏を食用とするには多くの制約が生まれたため、県の畜産試験場が比内鶏の肉質や食味の特徴を持つ新たな地鶏を作ろうと、育種選抜と交配の研究を実施。試行錯誤を重ねて誕生したのが、現在の比内地鶏なのです。土や水の質からこだわった生育環境の中、通常の鶏の3倍以上の時間をかけて放し飼いや平飼いを行い、国の基準よりも厳格な基準を設けて丹念に育てられている比内地鶏は、日本三大美味鶏の1つにも数えられています。

生産責任者直送の丸鶏を捌くところから始まる絶品の鍋は、
新鮮な地鶏と秋田の美食が詰まっています

生産責任者直送の丸鶏を捌くところから始まる絶品の鍋は、
新鮮な地鶏と秋田の美食が詰まっています

適度な歯応えときめ細やかで弾力を持つ赤みのある肉質に、上質な脂、雉や山鳥にも似た風味と香りを特徴とする比内地鶏。そのおいしさを味わえる料理は数多くありますが、中でもきりたんぽ鍋は格別のおいしさです。きりたんぽ鍋は、秋田県北部の郷土料理の1つ。味わいの決め手となる鶏出汁スープは、一晩流水で余分な雑味を抜いた比内地鶏の鶏ガラを使用。職人が時間をかけてじっくりと炊き、純粋な旨みを引き出しています。具材には、丸鶏の状態から捌く新鮮な比内地鶏の鶏肉をはじめ、味わいを深める自家製の生つくね、ササニシキとあきたこまちをブレンドして作る香ばしい焼き色のきりたんぽ、食感と風味を豊かにする新鮮な野菜を投入。仕上げに鶏油を加え、さらなるコクをプラスしています。昔ながらの丁寧な製法を尊重しつつ、お店ならではの新しい価値を吹き込んだこだわりの鍋を、自宅で味わうことができるのです。

“秋田比内地鶏生産責任者の店

秋田比内地鶏生産責任者の店 本家あべや 総料理長

梶谷大輔

生産責任者から日々直送される比内地鶏を、店内で捌いています。そのため、他ではなかなか真似の出来ない新鮮な鶏肉を味わうことができますよ。食卓の笑顔のために、「本家あべや」の求める本物の味と品質に妥協せず、自信を持って「おいしい」と思えるものをお届けしています。

秋田比内地鶏生産責任者の店 本家あべやの商品

きりたんぽ鍋 野菜付きセット 2人前

きりたんぽ鍋 野菜付きセット 2人前

店で丸ごと捌く生産責任者直送の比内地鶏をはじめ秋田の美食を提供する料理店が、伝統の味と食材にこだわって作るきりたんぽ鍋。

¥5,900(税込)