“炭焼うな富士”

【愛知県名古屋市】

炭焼うな富士

鰻料理店の激戦区、愛知県名古屋市で1995年に創業。それからわずか25年ほどで鰻料理の名店へと成長を遂げました。
鰻に関する一次産業から三次産業までを経験した創業者が鰻へ愛情とこだわりを落とし込んだ極上の鰻料理は、今も脈々と受け継がれています。

“鰻激戦区”愛知県で行列が絶えない、味にこだわり続けている鰻料理店です”></div>
<div class=

““鰻激戦区”愛知県で行列が絶えない、味にこだわり続けている鰻料理店です

鰻の産地として名高く、多くの鰻料理店が軒を連ねる“鰻激戦区”である愛知県。そこで高い評価を受け続ける鰻料理店が「炭焼きうな富士」です。創業は1995年。25年余りの歴史の小さな店舗ですが鰻愛好家たちの心をがっちりとつかんでいて、繁忙期には約3時間待ちの行列ができ、海外にもファンがいるほど。料理の要となる“鰻の品質”、仕上がりを決める“焼き”、肝まで生かす“捌き方”、門外不出の“タレ”といったように、鰻のおいしさを徹底的に追求した「炭焼うな富士」ならではのこだわりが、多くの人々を魅了し続けているのです。

鰻業界を知り尽くした創業者が、脱サラして店を開いたことから始まりました

鰻業界を知り尽くした創業者が、脱サラして店を開いたことから始まりました

創業者である水野尚樹さんが1995年、脱サラをして店を開いたことから「炭焼うな富士」は始まりました。元々は養魚飼料メーカーの研究職に従事し、鰻の体調管理や生育環境などに携わっていた水野さん。養鰻用配合飼料の売り込みなどを通じ、鰻の選別や捌き、出荷など、鰻業界の一次産業から三次産業までを経験し、さらには定期的に養鰻場に足を運び生産者や問屋の人々との繋がりを育んできました。その一方で、休日には全国の鰻料理店を巡り食べ歩いて“タレ”の研究開発にも心血を注ぎ、脱サラ後は鰻料理店での修行を経て50歳の時に名古屋で開業したのです。水野さんの経験とこだわりが詰まった鰻料理は瞬く間に人気を博し、近年東京への出店も果たしました。後進の育成にも力を入れており、職人的な感覚ではなく理論に基づいた指導を心掛けています。

鰻愛好家の心をつかんで離さない理由は、3つのこだわりにあります

鰻愛好家の心をつかんで離さない理由は、3つのこだわりにあります

「炭焼うな富士」の行列が絶えない理由は、3つのこだわりにあります。1つ目は、鰻の品質。「鰻の品質が7割を決める」と考えていて、“青うなぎ”のみを使用していることです。“青うなぎ”とは、青い色をして一般的な鰻より3割ほど大きく、肉厚で柔らかい、脂も旨みもたっぷり乗った鰻のことです。2つ目は焼き方です。肉厚の青うなぎを仕上げるため、捌いてそのまま焼き上げる“地焼き”を採用。鰻の旨みや脂をしっかり閉じ込め、表面は香ばしく、中はジューシーな身になります。そして3つ目は捌き方。「炭焼うな富士」では、長焼きにした時のふっくらした見た目と、捌く際に取り出す肝の形にこだわりを持ち、“腹開き”にしています。丸々とした肝は丼やひつまぶしに乗せて提供しており、名物の1つとなっています。

“炭焼うな富士”

炭焼うな富士 店長

久國浩一

「鰻に関わる人たち全ての思いを理解すること」を大切に、鰻に対する愛情を持って、創業者から受け継いだ技術によって一途にそのおいしさを追求してまいりました。こだわり抜いた極上の鰻を、ぜひ味わってみてください。

炭焼うな富士の商品

ダミー2

ダミー2

¥0(税込)