古谷製陶所

【滋賀県甲賀市】

古谷製陶所

気がつけば、毎日使っている——。
「暮らしに寄り添う」をコンセプトに作陶する「古谷製陶所」の器は、まさしくそんな器です。
その時々のライフスタイルに合わせた、素朴で温かみのある「粉引」の器を制作しています。
1つ1つ手作りされる器は、手に取ってホッとするような使い心地も魅力です。

「暮らしに寄り添う」をコンセプトに、
素朴でシンプルな、毎日使える器を作る製陶所です

「暮らしに寄り添う」をコンセプトに、
素朴でシンプルな、毎日使える器を作る製陶所です

信楽焼の産地である、滋賀県甲賀市の信楽町。「古谷製陶所」は、そんな焼き物の町に工房兼店舗を構える製陶所です。初代の古谷信男さんが1970年に設立し、現在は長男の浩一(ひろかず)さんが中心となって運営しています。「暮らしに寄り添う」をコンセプトに作られる器は、柔らかく素朴な肌合いとシンプルなデザインが特長。使い手のことを考えて軽さや持ちやすさ、サイズ感などを様々に工夫しており、使い心地も抜群です。食器棚の最前列にいるような、「気がつけば毎日使っている」器ばかり。暮らしの即戦力として活躍してくれる、ご機嫌な器がそろっています。

その時その時のライフスタイルに沿った、
「粉引」の器を制作しています

"その時その時のライフスタイルに沿った、
「粉引」の器を制作しています

創業者である古谷信男さんは、特に「粉引(こひき)」の作陶に秀でたとして知られる陶芸家です。粉引とは、ぽってりとした厚みのある素朴な肌合いの陶器のこと。ベースに鉄分を多く含む「赤土」を使って成形した後、「白化粧」と呼ばれる白泥をかけ、釉薬で仕上げます。「古谷製陶所」では、温かみのある土味を引き立てるため、独自にブレンドした赤土を使用。低音でじっくりと2度の本焼きを施し、温もりを感じる柔らかな風合いを生み出しています。粉引の器は、どんな料理も優しく包み込み、他の器との相性もよくおおらかに使えるのが魅力です。また同じ粉引の器でも、食文化や住空間など、その時々のライフスタイルに合わせた器を制作することを心がけています。しかし、「暮らしに寄り添う」というコンセプトは創業時から一貫してブレません。それこそが、各家庭で長く愛される秘訣なのです。

料理をより楽しく、よりおいしくする、
暮らしの活力になるような器を目指しています

料理をより楽しく、よりおいしくする、
暮らしの活力になるような器を目指しています

「古谷製陶所」が目指すのは、盛り付けることで料理の色彩やおいしさを引き立て、作る人も食べる人も楽しくなるような器。「素朴で温かみがある私たちの器は、言うなれば、絵を描く前のキャンパスみたいなものなんです」とは、古谷浩一さんの言葉。粉引を中心とした「古谷製陶所」の器には、和洋問わずどんな料理も受け止めてくれる包容力があります。また、同時に「手に取ったときにホッとできるような器」を作ることも意識しているそう。そんな「古谷製陶所」では、1つ1つ、すべての制作工程を手作業で行っています。器に宿る機能美と心安らぐ使い心地は、「日々の活力になるような、毎日使ってもらえる器を作りたい」という想いの表れなのです。

古谷浩一

古谷製陶所

古谷浩一

日々の暮らしの中で一番大切な時間は、家族が集まってご飯を食べたり、お茶やコーヒーを飲みながらホッとしたりする時間です。そんな時間がより豊かになるように、人々の暮らしにそっと寄り添っていけるような、そんな器づくりを心がけています。

古谷製陶所の商品

サビ釉 りんご鉢 豆 - にほんものストア

サビ釉 りんご鉢 豆

素朴で温かみのある粉引の器づくりを行う滋賀県・信楽町にある「古谷製陶所」が作る、粉引にサビ釉を施したリンゴ型の豆鉢。

¥1,760(税込)
粉引 輪花高台鉢 - にほんものストア
売り切れ

粉引 輪花高台鉢

粉引の第一人者が創設した、滋賀県・信楽町にある「古谷製陶所」が粉引の風合いを生かして作った、高台のついた花形の豆鉢。

¥1,430(税込)
鉄散 りんご鉢 豆 - にほんものストア
売り切れ

鉄散 りんご鉢 豆

粉引の第一人者の1人が創業した、滋賀県・信楽町に工房を構える「古谷製陶所」が丁寧に手作りした粉引のリンゴの形の豆鉢。

¥1,760(税込)
鉄散 フラットプレート - にほんものストア

鉄散 フラットプレート

温かみのある「暮らしに寄り添う」器づくりを行う滋賀県・信楽町の「古谷製陶所」が手がけた、大きめのフラットなプレート。

¥7,370(税込)