大澤哲哉

【愛知県常滑市】

大澤哲哉

「日本六古窯」の1つにも数えられる常滑焼の産地、愛知県常滑市。
陶芸家・大澤哲哉さんはこの地に拠点を構え、普段使いの食器や道具を作っています。
ヤスリによる磨きの技術と常滑独自の釉薬で表現するかすれた風合いと上品な輝きは、
まるで上質なアンティーク品のよう。陶芸の道を一筋に歩み続けて辿り着いた、
大澤さんならではのオリジナリティーです。

上質な骨董品のような唯一無二の質感を持つ、
日常使いの道具や器を中心に作る陶芸家です

上質な骨董品のような唯一無二の質感を持つ、
日常使いの道具や器を中心に作る陶芸家です

国内有数の焼き物の産地として長い歴史を持つ、愛知県常滑市。「日本六古窯」の1つにも数えられる常滑焼で知られるこの地で、陶芸家・大澤哲哉さんは、暮らしに寄り添う食器や道具を中心に制作しています。使いやすいよう薄くて軽いフォルムを轆轤(ろくろ)で成型し、白色の土を化粧のように生地の上に施す粉引という技法をベースに用いていますが、大澤さんの作品に見られる最大の特徴は、そのかすれたような独特の質感です。まるで褪せたアンティークのような味わい深い表現は、大澤さん独自の化粧土の使い方や磨きの技術、そして「チャラ」と呼ばれる常滑の急須作りに欠かせない透明釉によるもの。陶器でありながら漆のような光を放つ上品な輝きと、どことなく緊張感のあるシルエットが融合した美しい日用品が今、多くの人の注目を集めています。

多治見から常滑へ。師匠の背を追いながら、
己の焼き物を求めてこの地へ辿り着きました

多治見から常滑へ。師匠の背を追いながら、
己の焼き物を求めてこの地へ辿り着きました

美濃焼の主産地として知られる岐阜県多治見市で生まれた大澤さんは、幼い頃から陶芸が身近にある環境で育ってきました。中学卒業後は陶芸家を志し、高校や大学でも陶芸を学びつつ、大学在学中には陶芸家・古川正道氏に師事。国内外で精力的に活動する師匠の導きと、当時抱いていた地元を出てみたいという想いから辿り着いたのが、常滑でした。自分ならではの表現について苦悩していた大澤さんは、そこで常滑独自の釉薬「チャラ」に出会います。チャラとは、土味を保ちながらも漆のような上品な光沢を放つ釉薬のこと。このチャラ特有の質感に魅せられた大澤さんは、自身の作品の仕上げに黒・白・赤の3種類のチャラを使っています。また、大澤さんが「古いお家にあるものや、お寺にある仏像のような質感 」をイメージしたというかすれた質感は、素地の上に違う色の化粧土を重ねて層を作り、釉薬をかけて焼成した器をヤスリで磨くことで下層の化粧度を露出させて表現しているそうです。その唯一無二の色合いや凸凹に、釉薬・チャラの絶妙な照りを纏わせた作品が、大澤さんのオリジナリティーとなっています。

人と人とのリレーションを感じられる道具作りと、
自由なものづくりの双方に情熱を燃やしています

人と人とのリレーションを感じられる道具作りと、
自由なものづくりの双方に情熱を燃やしています

「道具の歴史っていいなって思うんです。道具は、作る人と使う人のリレーションの中でさらにいいものができてくるから」と語る大澤さん。これは、食器や道具などといった日用品を中心に作る理由にもなっています。実際に使う人からの意見に基づいて、ブラッシュアップしていく過程をも楽しんでいるのです。大澤さんの作品は、使う人々と関わり合いながら、今も進化を続けています。一方で、陶芸としての枠にとらわれない自由なものづくりにも注力。その背景には、妻であり同じく陶芸家である増田光さんの存在がありました。増田さんは動物にこけしやだるまなど様々なものをモチーフに、自由で柔らかな陶芸作品を制作しています。「形を制御しながら作ってしまう」というコンプレックスを常々感じていた大澤さんは妻の自由な作風に憧れを抱くようになり、自分なりの自由な表現に挑戦。こうして生まれたのが、日用品が並ぶ中で異彩を放つクマのオブジェです。1つ1つ微妙にサイズや形が異なり、轆轤の回転から解き放たれたようなこの作品は、大澤さんの求める「自由」の象徴とも言えます。

大澤哲哉

陶芸家

大澤哲哉

器は使い込むうちに、水分や油分を吸収しながら変化していきます。「汚れ」と取ればネガティブですが、器の経年変化の中に美しさを見出せる日本人独特の感性に支えられて成立しているのが陶器であると考えています。普段からたくさん使っていただけると嬉しいです。

大澤哲哉の商品

Rim bowl S 白/黒 - にほんものストア
売り切れ

Rim bowl S 白/黒

ヤスリ磨きによるかすれた質感と常滑独自の釉薬による落ち着いた光沢感が織りなす、上質な骨董品のような独自の作風が魅力の陶芸家・大澤哲哉さん。焼き物の聖地で活躍する作家が作った、縁付きのミニボウルです。

¥3,850(税込)
Flat plate S 白/黒 - にほんものストア
売り切れ

Flat plate S 白/黒

愛知県常滑市で活躍する陶芸家・大澤哲哉さん。ヤスリ磨きの技術によるかすれた風合いと、常滑独自の釉薬で仕上げることによる上品な光沢感を放つヴィンテージ品のような質感を特長とする作家が作るプレート皿です。

¥2,750(税込)
Flat plate M 白/黒 - にほんものストア
売り切れ

Flat plate M 白/黒

「日本六古窯」にも数えられる焼き物の産地、愛知県常滑市で日用品を主に制作する陶芸家・大澤哲哉さん。かすれた風合いと漆を思わせる上品な光沢感による独自の表現が魅力の作家が作る、プレート皿のMサイズです。

¥3,850(税込)
Rim bowl 浅 M 白/黒 - にほんものストア
売り切れ

Rim bowl 浅 M 白/黒

まるでアンティーク品のような美しい日用品を制作する愛知県常滑市の陶芸家・大澤哲哉さん。ヤスリがけによるかすれた風合いと上品な輝きで表現する独自の作風が注目されている作家が作る、浅めの縁付きボウルです。

¥4,950(税込)