古谷製陶所(滋賀県)

サビ釉 りんご鉢 豆

¥1,760(税込)

信楽焼の産地として知られる、滋賀県甲賀市の信楽町。こちらは、そんな焼き物の町に拠点を構える「古谷製陶所」が作る、粉引(こひき)の豆鉢です。愛らしいリンゴ型でありながら、マットな錆色が少し大人っぽく、アンティークのような印象を与えます。「粉引」とは陶芸の技法の一種で、ぽってりとした厚みのある素朴な肌合いの陶器のこと。独自にブレンドした鉄分の多い赤土を使い、白泥をかけ、さらに錆色の釉薬(サビ釉)をかけて仕上げています。1つ1つすべての工程を手作業で行っているからこその、どこかホッとする柔らかな使い心地も魅力です。和洋どんな料理とも優しくなじみ、他の器とも合わせやすいシンプルさで、迎えたその日から毎日でも活躍してくれます。

にほんものポイント

素朴でシンプルな、「暮らしに寄り添う」普段使いの器を作る製陶所です

素朴でシンプルな、「暮らしに寄り添う」普段使いの器を作る製陶所です

「古谷製陶所」は、信楽焼の産地として知られる滋賀県甲賀市の信楽町に拠点を置く製陶所です。「暮らしに寄り添う」をテーマにした、素朴で温かみのある器を制作しています。毎日使ってほしいという想いを込めて生み出される器は、使い心地も抜群です。


その時々の暮らしに沿った、「粉引」の器を作り続けています

「古谷製陶所」で主に作られているのは、素朴な肌合いの「粉引」の器です。独自にブレンドした赤土を使い、白泥をかけた後、低音で2度の本焼きをして仕上げています。様々な料理や器によく合いおおらかに使えるのが粉引のよさですが、今の暮らしにしっくりくる器づくりがその魅力を最大限に引き出しています。


目指すのは、毎日に活力と安らぎをもたらすような器です

現在作陶の中心となっている古谷浩一さんが「まるで絵画に使うキャンバスのよう」だと例えるように、「古谷製陶所」の作る器は、料理の色彩やおいしさが際立つようなものばかり。家族団欒で食事やお茶を楽しむ、そんな暮らしの中の大切なひと時を豊かにするような器づくりを目指しています。


おすすめコメント

サビ釉は焼き上がりに差が出やすい釉薬です。基本はマットな質感ですが、フチや裏など、よく焼けている部分は緑がかった色合いになり、少しツヤが出ます。また、細かい貫入(釉薬のひび模様)が入っているため水止処理を施しています。米のとぎ汁で煮るなど、目止め処理はお控えください。

古谷製陶所
古谷浩一

                     
サイズ
縦約115mm×横95mm×高さ約55mm
※手作りのため個体差あり
重量 (g)
約160g(個体差あり)
産地(県名) 滋賀県
原材料
陶器
発送日数 7営業日程度で発送
送料
950円(北海道、沖縄県は別料金)
北海道:1,400円
沖縄県:1,260円
配送 メーカー直送
備考

その他おすすめ商品

最近見た商品