てつ工房(長崎県)

8寸墨弾き皿

¥9,680(税込)

長崎・油木町を拠点に「てつ工房」の屋号で作陶に励む陶芸家・小島鉄平さんが手がける、陶器の大皿です。轆轤(ろくろ)で成型した素地に墨で生き物の絵付けをし、上から顔料を吹き付けて素焼きをすることで、シャープな線の白抜き文様を表現。江戸時代から使われてきたというこの「墨弾き」の技法を用い、呉須(ごす)という青色の顔料で仕上げています。優しく淡いブルーの色合いの中に、焼き物ならではの土味を帯びた白色で描かれた、躍動する生き物の姿が印象的なうつわです。程よく深さのある8寸(約24cm)のお皿は大皿料理にぴったりで、1つあると何かと重宝します。

にほんものポイント

独特の筆致で躍動する生き物たちを描き出した、暮らしのうつわを作っています

独特の筆致で躍動する生き物たちを描き出した、暮らしのうつわを作っています

長崎・油木町にある「てつ工房」は、会社員から陶芸家へと転身した小島鉄平さんの工房です。子どもの頃からその目で見てきた動物や海の生物たちを描き出したうつわの数々は、生活の中で使いやすいのはもちろん、それだけでない個性的な魅力を放っています。


歴史ある技法を駆使して、先人が蓄積してきたよいものを作品に落とし込んでいます

小島さんが主に使うのは、江戸期から用いられてきた「墨弾き」や、古くから世界各地で見られたという「スリップウェア」という技法。日常の中で使われるうつわだからこそ、生活の中で積み上げられてきた先人たちの歴史や軌跡を大切にしたい——。そんな小島さんの想いは、技術面にも表れています。


「墨弾き」の釉薬の原料には独自配合のものを使用するなど、独自の工夫が光ります

「てつ工房」のうつわは、使う原料にもこだわりが。岐阜・飛騨高山から取り寄せたそば殻の灰と長崎で掘り出した石で作った、自家製の灰釉を「墨弾き」の釉薬として使っています。化粧土や顔料も、独自の配合のもの。小島さんならではの工夫によって、使うほどにますます味わいを増すうつわとなるのです。


おすすめコメント

普段使いからおもてなしのシーンまで、幅広く使える大皿です。呉須という青色の顔料は素焼きの状態で着色するので、色褪せることがありません。たくさん使っていただきながら、美しいブルーや生き生きとした生き物の絵付けを長く楽しんでもらえたら嬉しいです。

てつ工房
小島鉄平

                     
サイズ
縦約240mm×横約240mm×高さ約70mm
重量 (g)
約790g(個体差あり)
産地(県名) 長崎県
原材料
陶器
発送日数 2営業日程度で発送
送料
660円(北海道、九州、沖縄県は別料金)
北海道:970円
九州:970円
沖縄県:1,700円
配送 にほんもの倉庫(埼玉)
備考 手作りのため個体差あり。

その他おすすめ商品

最近見た商品