古谷 宣幸(滋賀県)

黒釉片口

¥14,300(税込)

信楽焼に代表される国内有数の焼き物の町、滋賀県甲賀市の信楽町に拠点を起きつつ、日本だけでなく海外でも活躍を見せる陶芸家・古谷 宣幸さん。洗練されたセンスと技巧の光るシンプルな器で国内問わず多くの人を魅了する作家が、黒釉を用いて作った片口がこちらです。鉄分で黒く発色する黒釉は、焼成時の条件に仕上がりが左右されやすい繊細な釉薬。そんな黒釉の理想とする釉調にこだわった古谷さんは、世界の古い焼き物を積極的に研究。その研究の末にたどり着いた、独自の釉薬を使用しています。原始的なスタイルの穴窯で焼いており、同じ器は2つとない1点ものです。日本酒だけでなく湯冷ましなど、幅広い用途で使える優れもの。黒釉ならではのしっとりした質感と日本酒が織りなす、美しい景色も楽しめる器です。

にほんものポイント

シンプルで洗練された和洋を問わないデザインの器で、海を越えて活躍する陶芸家です

シンプルで洗練された和洋を問わないデザインの器で、海を越えて活躍する陶芸家です

陶芸家・古谷 宣幸さんは、信楽焼で知られる滋賀県の信楽町を拠点に、日本のみならず海外でも活躍している作家です。シンプルでありながら洗練されたセンスと繊細な技巧が光る器は、和洋問わず幅広く使えるのが特徴。日々の暮らしに末長く寄り添う、美しく育ってくれる器が揃っています。


国内外で暮らしながら作陶経験を積み、生活の器づくりを洗練させ続けています

古谷さんは、信楽を代表する陶芸家の一人・古谷道生さん(故人)の3男として生まれました。そんな父の影響もあって始めた全国の窯業地を訪ねる旅の道中での様々な出会いや経験を経て、毎年数カ月間、海外でも活動するように。技術面だけでなく生活そのもののあり方を通じて、陶芸についての見識を今なお深め続けています。


納得いくまで世界中の陶芸を研究し、独自の黒釉にたどり着きました

古谷さんが使う技法の1つに、鉄分によって黒色に発色する黒釉があります。焼成時の条件や環境によって仕上がりが左右されてしまう繊細な釉薬ですが、古谷さんは納得のいく質感を求めて黒高麗や東南アジアなどの古い焼き物を積極的に研究。製作時には、研究の末に作り上げた独自の黒釉を使用しています。


おすすめコメント

黒釉独特の上品な漆黒は、シンプルながら奥深い魅力があり、見飽きることがありません。末長くお使いいただくことによる経年変化も、焼き物の醍醐味。使う人の暮らしに、優しく寄り添ってくれる器です。

陶芸家
古谷宣幸

                     
サイズ
縦140mm×横160mm×高さ70mm
重量 (g)
332g
産地(県名) 滋賀県
原材料
陶器
発送日数 2営業日程度で発送
送料
660円(北海道、九州、沖縄県は別料金)
北海道:970円
九州:970円
沖縄県:1,700円
配送 にほんもの倉庫(埼玉)
備考

その他おすすめ商品

最近見た商品