潮工房

【にほんものストア先行販売】レースそば猪口 グレー×白【DA】

¥7,700(税込)

神奈川県三浦市にある潮工房のガラス工芸作家・小西潮さんが、「レースグラス」という技法で作る愛らしいそば猪口です。鮮やかな色彩のものからシックな雰囲気のものまで、色・模様違いで計6パターンのデザインを展開。シンプルで使いやすいフォルムや、多用途に使えるサイズ感も魅力的な商品です。レースグラスとは、色ガラスの糸を寄せ集めて繊細優美な模様を作り出す、イタリアのヴェネチアングラスの技法の1つ。複数のガラス棒を組み合わせることで多彩な色彩と自在な細さを表現し、緻密で複雑な模様を描き出しています。作品1つ1つの制作はすべて手作業で行われるため、レースの模様や色味のなどにおいて同じものは2つとありません。個性豊かな、自分だけの1点物を楽しんでください。

にほんものポイント

チームワークで作品を作り上げる、三浦半島にあるガラス工房です

チームワークで作品を作り上げる、三浦半島にあるガラス工房です

潮工房は、ガラス工芸作家の小西潮さんと江波冨士子さんの2人が、米国マサチューセッツ州、チャダムグラスカンパニーでの修業を経て、1998年に設立したガラス工房です。工房のメンバーが息を合わせて共同作業を行いながらも、作品には各作家の個性が色濃く出ているのが特徴です。


繊細で複雑な線を描き出す技法「レースグラス」を駆使します

小西さんが得意としているのは、「レースグラス」と呼ばれる技法です。模様を閉じ込めたガラス棒を熱して伸ばすなどの作業が必要で、アシスタントとのコンビネーションが肝心になります。複数のガラス棒を組み合わせることで無数の表現を生み出しています。


独特の世界観を表現する技法「ムッリーネ」を用いています

「ムッリーネ」とは、様々な色や模様が入ったガラス片をモザイクのようにつなぎ合わせて、吹きガラスの要領で形作っていくもので、江波さんが得意とする技法です。江波さんは5ミリ程度のガラス片のなかにこまかな模様を施し、緻密な世界観を表現します。


おすすめコメント

コバルトブルーやトパーズ、スモークグレーにホワイトといった4色の組み合わせに、模様違いも含めた6種類のデザインを用意しました。おそば以外にも冷茶やお料理、デザートなども引き立てるシンプルなフォルムなので、贈り物にもぴったりです。

潮工房 ガラス工芸作家
小西潮

                     
サイズ
口径85m x 高さ63cm
重量 (g)
80g
産地(県名) 神奈川県
原材料
ガラス
送料
883円(北海道、四国、九州、沖縄県は別料金)
北海道:1,372円
四国:1,251円
九州:1,372円
沖縄県:1,493円
配送 メーカー直送
備考 ハンドメイドのため、サイズ、重量、色、模様に多少の個体差があります。ご了承ください。

その他おすすめ商品

最近見た商品