小路口 力恵

ふくら/三つ組盃

¥33,000(税込)

サイズの異なる3つの盃がセットとなった商品。「やさしく、やわらかく、ここちよい。」をコンセプトに、削りによって表現される白さと手肌に馴染むさらさらした手触りが魅力的なガラス作品を展開する作家・小路口 力恵さんによる作品です。1つ1つが手作りですが、3つとも綺麗に重ねることができ、使いやすい仕上がりとなっています。祝いの席などでは酒器として、正月にはお屠蘇(とそ)をいただく屠蘇器としても使われる盃。漆器のものが一般的ですが、肩肘張らずに気軽に使ってほしいという思いから、ガラスで制作したそうです。お酒の席での使用のほか、観賞用に飾っても美しい器。しまい込まずに、日頃から見て、触れて楽しんでください。

にほんものポイント

「やさしく、やわらかく、ここちよい。」をコンセプトにガラス作品を作る作家です

「やさしく、やわらかく、ここちよい。」をコンセプトにガラス作品を作る作家です

富山県富山市に工房を構える小路口 力恵さんは、「やさしく、やわらかく、ここちよい。」をコンセプトに作品を制作するガラス作家です。手で触れた時の感覚を特に大事にしており、繊細な白で表現される美しい見た目はもちろんのこと、こだわりの手触りも含めて楽しめる器がそろっています。


「手」で感じられるものづくりを追求し、辿り着いた独自の作風が魅力です

自身の経験や環境から「手」で感じられる仕事がしたいと、ガラスによるものづくりの道を志した小路口さん。1つ1つの作品と真摯に向き合いながら、丁寧に手作りしています。特に削りの工程は、自分の「手」から作り出す感覚を強く持てる作業として突き詰めていき、現在の作風となりました。


ガラスの凛とした佇まいの中に感じられる温かみが、毎日の食卓を美しく彩ります

削ることで表出する白さや美しい模様、和紙を彷彿とさせる手肌にじんわりと馴染む触り心地などから、ガラスでありながらも温もりを感じられるのが小路口 力恵さんの特徴です。涼やかさと温かさを兼ね備えた器たちは、光や使い方によって日々様々な表情を見せてくれます。


おすすめコメント

耐熱ガラスではないので、電子レンジや食器洗浄機の使用、熱いものを入れて使うのはお控えください。盃は、人と人との絆を深める道具として古くから用いられてきた器です。この器が、お酒の席をより一層楽しくすることができたら嬉しく思います。

ガラス作家
小路口力恵

                     
サイズ
全体:直径約95mm×高さ約40mm        
⼤:直径約95mm×高さ約40mm          
中:直径約80mm×高さ約35mm          
⼩:直径約65mm×高さ約30mm
重量 (g)
約190g(個体差あり)
産地(県名) 富山県
原材料
ガラス
発送日数 2営業日程度で発送
送料
660円(北海道、九州、沖縄県は別料金)
北海道:970円
九州:970円
沖縄県:1,700円
配送 にほんもの倉庫(埼玉)
備考

関連商品

最近見た商品