近江茶丸吉(滋賀県)

一番 最高級土山ほうじ茶

¥1,231(税込)

銘茶の産地として知られる滋賀県甲賀市の土山にある「近江茶丸吉」は、100年以上続く老舗です。「茶師十段」をはじめとしたお茶のプロが多数在籍し、ほうじ茶の専門店でもある茶商が、最上級のほうじ茶と自信を持って提供する一品がこの「一番 最高級土山ほうじ茶」。地元である近江土山産の、1番茶の新芽を厳選し、さらにその上部のみを贅沢に使用しました。低温でじっくりと、浅煎りに直火焙煎することで、上質な茶葉の旨みと香りを丁寧に引き出しています。ほんのりと香ばしくさわやかな香りに、すっきりとしたまろやかな味わいが特長。高温で抽出するのがほうじ茶の一般的な淹れ方ですが、煎茶の旨みも感じられる仕上がりのため、湯冷ましをしてから淹れるのもおすすめです。より一層まろやかな口当たりになり、味わいの変化も楽しめます。

にほんものポイント

お茶の名産地として親しまれる滋賀県甲賀市の土山で、100年以上続く茶商です

お茶の名産地として親しまれる滋賀県甲賀市の土山で、100年以上続く茶商です

「近江茶丸吉」は、古くから銘茶“近江茶”の産地として知られる滋賀県甲賀市の土山で1902年に創業しました。「茶師十段」をはじめとしたお茶のプロが多数在籍するほうじ茶の専門店でもあり、こだわりの原料と高い製茶技術による個性豊かなほうじ茶を種類豊富に展開。きっと、お気に入りのほうじ茶に出会えます。


近江茶の伝統に現代の技術力を融合した、ほうじ茶の新たな楽しみ方を提案します

およそ1200年余りの歴史を誇るといわれる近江茶。「近江茶丸吉」は、日本の茶文化の礎を築く一助ともなったこの地で100年以上茶商を営んできました。先人の知見を大切にしながら現代の技術も積極的に取り入れることで、今の時流に合った多彩なほうじ茶の関連商品を取り揃えています。


茶葉選びや焙煎は、全国的にも希少な有資格者である「茶師十段」が自ら行います

7代目・吉永健治さんは、日本にたった15名しかいないという、茶師としての最高峰の資格「茶師十段」を有しています。茶の道を極めた達人が直々に適した茶葉を厳選し、3種類もの焙煎方法を駆使しながら熟練の技術力で丁寧に仕上げる——。「近江茶丸吉」のほうじ茶は、そんな贅沢な1杯なのです。


おすすめコメント

「近江茶丸吉」のラインアップでは最高級ランクのほうじ茶になります。ご進物としてはもちろん、自分へのご褒美にもおすすめしたい商品です。淹れ方がシンプルで簡単なのも、ほうじ茶のいいところ。80~90度くらいの熱めのお湯を注ぎ、1分ほど置いてからお召し上がりください。

近江茶丸吉 代表取締役
吉永健治

                     
サイズ
縦140mm×横170mm×高さ50mm
重量 (g)
85g
産地(県名) 滋賀県
原材料
賞味期限
6カ月
内容量
70g
保存方法
直射日光、高温多湿を避け、開封後はお早めにお召し上がりください
発送日数 2営業日程度で発送
送料
900円(北海道、沖縄県、東北は別料金)
北海道:1,420円
沖縄県:1,260円
東北:1,100円
配送 メーカー直送
備考

その他おすすめ商品

最近見た商品