朝宮茶 かたぎ古香園(滋賀県)

無農薬緑茶セット(そば緑茶100g、食べる緑茶80g)

¥1,836(税込)

日本最古級の歴史を持つ滋賀・信楽町の「朝宮茶」。国内有数の銘茶の産地で茶園を営む「朝宮茶 かたぎ古香園」が、農薬を使わず、植物性肥料のみを使用して作った少し独特な緑茶をセットにしました。内容は「そば緑茶」と「食べる緑茶」の2種類です。「そば緑茶」は、かたぎ古香園の無農薬栽培の抹茶と、同じく無農薬栽培された北海道産のダッタンそばの実を煎茶にブレンドしたもの。抹茶とダッタンそばの高い栄養価も相まって、毎日飲みたいようなお茶となっています。そして、茶殻などに残ってしまう栄養成分を可能な限り逃さないよう、粉末状に加工したものが「食べる緑茶」。お湯を注いで手軽に楽しめるほか、料理やお菓子にも使える優れものです。

にほんものポイント

植物性肥料を用いた無農薬栽培を貫き、伝統的な「朝宮茶」を生産する茶園です

植物性肥料を用いた無農薬栽培を貫き、伝統的な「朝宮茶」を生産する茶園です

滋賀県甲賀市信楽町にある「朝宮茶 かたぎ古香園」は、1975年より40年以上にわたり「朝宮茶」の農薬不使用栽培を続けています。菜種油のや胡麻油の搾りかすといった植物性肥料のみ使用し、動物性の堆肥も不使用。除草もすべて手作業で行い、朝宮茶の繊細で深い旨みと香りを支えています。


「朝宮茶」は約1200年という長い歴史を持つ、日本最古級の高級茶です

朝宮茶の始まりは約1200年前。当時の遣唐使である最澄が中国からお茶の種子を持ち帰り、信楽町周辺に植えたことが始まりとされています。以降、朝宮茶は高級茶として発展。日本五大銘茶にも数えられ、全国的に知られるようになりました。


茶葉本来の旨みと香りが生きた、煎茶を中心とした多彩なお茶を作っています

朝宮茶は、しっかりした旨みと清々しい香りが特長。そんな茶葉本来の風味を大切にするため、製茶には昔ながらの浅蒸し製法を用いています。お茶の種類も煎茶をはじめ、番茶や抹茶、紅茶などと幅広く展開。こだわりの無農薬栽培による、茶樹自身が育んだ豊かなおいしさを楽しめます。


おすすめコメント

ダッタンそばに含まれる「ルチン」は、血液をサラサラにする効果があるといわれています。それに加え、緑茶に豊富なビタミン類などもしっかり摂取できる商品です。使う肥料にもこだわった無農薬栽培の茶葉を使っていますので、体に優しいサプリメント感覚でご愛用いただけます。

朝宮茶 かたぎ古香園 代表
片木明

                     
サイズ
そば緑茶:縦225mm×横110mm×高さ20mm
食べる緑茶:縦190mm×横90mm×高さ40mm
重量 (g)
そば緑茶:100g
食べる緑茶:80g
産地(県名) 滋賀県
原材料
そば緑茶:だったんそばの実、緑茶、抹茶
食べる緑茶:緑茶(滋賀県産)
賞味期限
300日
内容量
そば緑茶:100g
食べる緑茶:80g
保存方法
高温多湿を避け移り香に注意
発送日数 2営業日程度で発送
送料
800円(北海道、沖縄県、東北は別料金)
北海道:1,350円
沖縄県:1,100円
東北:900円
配送 メーカー直送
備考

その他おすすめ商品

最近見た商品