天たつ(福井県)

越前仕立て汐うに桐箱入28g

¥5,940(税込)

福井県福井市にある「天たつ」は、ウニをはじめとする良質な海産物を使った食品を製造・販売しています。こちらは、江戸時代から続く看板商品。「汐うに」とは、バフンウニの卵巣と塩のみで熟成することでその旨みと香りを凝縮させた、ウニの食べ方の中でも最高峰のおいしさを誇るとされる銘品です。原料には、北海道・長崎・鳥取などの浜で採れた、国産の上質なバフンウニを使用。製造におけるすべての工程は、職人が手作業で行っています。それぞれの浜のウニの個性を見極めてブレンドすることで味わいの相乗効果を促し、旨み・甘み・苦味の均整のとれた、極上の「汐うに」に仕立てました。長期熟成によるまろやかさと深い磯の香り、ウニのねっとりと峻烈な味わいの余韻を、ぜひ体験してみてください。

にほんものポイント

ウニの最もおいしい食べ方の1つ「汐うに」を扱う、福井県福井市にある老舗です

ウニの最もおいしい食べ方の1つ「汐うに」を扱う、福井県福井市にある老舗です

磯の香りと旨みが濃厚な「越前仕立て汐うに」を看板商品に、ウニや良質な海の幸を使った商品を多数揃える「天たつ」。その時々の時代に合わせた味わいの探究を欠かさず、素材や製法にも独自のこだわりを持っています。また、よい商品を作るだけでなく、福井特有の食文化を次世代に伝える活動も積極的に実施しています。


越前福井藩主の御用商人の誉れを得た、現在で11代目となる雲丹商でもあります

江戸時代にあたる文化元(1804)年、越前福井藩主松平家より命を受け、藩の御用商として創業。現在で11代となる長い歴史を持つ「天たつ」ですが、「汐うに」の製造は3代目に、日持ちする貯蔵食を作るべく塩蔵法を考案したことから始まりました。その後もずっと「汐うに」のおいしさを追求し続け、現味に至ります。


丁寧な手仕事と各産地のウニに合わせた熟成を経て、香りと旨みを凝縮しています

「汐うに」の製造は、200年以上前から変わらず手仕事です。割った殻からウニの卵巣を傷つけないように取り出し、細かな不純物を箸の先を使い手作業で除去。その後塩をまぶしてウニになじませ、水分を抜きながら旨みを凝縮していきます。熟成は、ウニの産地ごとの個性に合わせた最適な期間を見極めて設定しています。


おすすめコメント

小指の先ほどの量を取り、少量ずつお召し上がりください。酒肴として、この上ない贅沢な一品です。もちろん、炊き立てのご飯にもおすすめ。ご飯に「汐うに」をのせ、焼き海苔なんかを巻いていただくとまた格別です。桐箱入りで、贈り物にもぴったりですよ。

天たつ 11代目 店主
天野準一

                     
サイズ
縦約8omm×横約80mm×高さ約45mm
重量 (g)
96g
産地(県名) 福井県
原材料
うに卵巣(国産)、食塩、うに(国産)、食塩
賞味期限
30日
内容量
28g
保存方法
冷蔵
発送日数 3営業日程度で発送
送料
1,100円(北海道、沖縄は別料金)
北海道:1,700円
沖縄県:2,000円
配送 メーカー直送
備考

送料について

この生産者の他の商品

その他おすすめ商品

最近見た商品