岡本醤油醸造場(広島県大崎上島町)

岡本醤油醸造場(広島県大崎上島町)

時間をかけて丁寧に。醤油づくりを愛する様子が伝わってくる。

瀬戸内海に浮かぶ大崎上島にある醤油蔵。海と山に挟まれているおかげで、蔵の中には朝と夕方で異なる方向から風が通り抜けていきます。その中には木桶が並び、たくさんの棒が突き刺さっています。櫂棒という諸味をかき混ぜる道具ですが、これをメインで使っている蔵は稀。3,000リットルを手作業で混ぜるのは超がつくほどの重労働だからです。
「畑から出来た大豆と小麦に、海のエキスが凝縮されている塩。これらが原料となって日本の四季の中で麹菌をはじめとした微生物の力で発酵・熟成させたのが醤油なんですよ」という話が印象に残っています。だから、岡本さんの醤油づくりは全部に時間をかけます。そして、丁寧。蔵に訪れる度にそう感じてしまうものづくりをしています。

専門家おすすめの醤油生産者一覧を見る