森永材木店(長崎県)

にほんものオリジナルカッティングボード 丸形Mサイズ

¥3,000(税込)

長崎県南島原市にある「森永材木店」は、イチョウ木を使ったまな板やカッティングボードなどを製造している材木店です。こちらのカッティングボードは、木を知り尽くした材木店が手がける、にほんものストア限定品。使い勝手のいいサイズ感の、おしゃれな丸型に仕上げています。素材や製法にもこだわっており、木材には上品な光沢のある表面と美しい年輪をもつ、樹齢約100年のイチョウ木を使用。樹木の細胞を壊さないように細心の注意を払いながら、10年以上じっくりと自然乾燥させました。完全に乾燥させることで割れにくく、反りにくくなり、耐久性もグッと向上しています。また、イチョウ木は殺菌・抗菌作用があるうえにアレルギー性が少ないといった利点があり、水切れもいいので清潔を保ちやすく、台所用品にぴったりの素材です。まな板代わりにも使えるほか、料理などを並べても、食卓を華やかに彩ってくれます。

にほんものポイント

各家庭の「おうちの味」を受け継ぐ、良質なまな板を作る材木店です

各家庭の「おうちの味」を受け継ぐ、良質なまな板を作る材木店です

家庭の「おうちの味」を受け継いでいってほしい——。そんな想いを胸に、イチョウ木を使用したまな板やカッティングボードを作っているのが、長崎県南島原市の「森永材木店」です。大きさもサイズも豊富に取り揃えているので、自宅の台所にぴったりのアイテムが見つかります。


まな板の木材として適したスペックを持つ、イチョウの木を採用しています

イチョウ木は抗菌作用や水はけに優れ、食材への匂い移りも少ない木材。さらに包丁への刃当たりが柔らかいため、刃を傷めにくいという特長も。「トントントン」と響く音と軽やかな切り心地を楽しめます。また長寿の木でもあるイチョウは、末長く「おうちの味」に寄り添うまな板の材としてもぴったりです。


長年木材を扱ってきた材木店こだわりのまな板は、プロの料理人も愛用しています

「森永材木店」のまな板は、その素材や製法にもこだわっています。11月〜3月までに伐採されたイチョウの木材に限って使用し、さらにその木材は約7〜8年、じっくり時間をかけて完全に自然乾燥させています。耐久性や使いやすさを追求し、丁寧に作られたまな板は、プロの料理人も愛用するほどです。


おすすめコメント

薄くて軽やか、耐久性も抜群な、自慢のカッティングボードです。Mサイズの丸型は、前菜やデザートなどを乗せるのにぴったりな大きさです。直射日光を避けてご使用ください。乾燥機の使用は可能です。

森永材木店 代表 森永恵子
森永材木店 副代表 森永茂夫

                     
サイズ
実用域:直径200mm×高さ8mm
取手:長さ120mm×高さ8mm
重量 (g)
約125g
産地(県名) 長崎県
原材料
いちょうの木
発送日数 10営業日程度で発送
送料
1,700円(北海道、東北、中国、四国、九州は別料金)
北海道:2,000円
東北:2,000円
中国:1,400円
四国:1,400円
九州:1,400円
配送 メーカー直送
備考

その他おすすめ商品

最近見た商品