大西園製茶工場

狭山備長炭火入れ茶

¥1,296(税込)

製茶の最終工程となる「火入れ」は茶の香り、風味、滋味に付加価値を加える重要かつ難しい工程。機械によって行われることの多い工程ですが、この「狭山備長炭火入れ茶」は「パスケ」と呼ばれる竹で編んだ台の下から備長炭を用いて炙るといった手法で「火入れ」を行っています。原葉は「やぶきた」をメインに用い、濃厚さ、コクのある埼玉県奨励品種「さやまかおり」を独自にブレンドした茶葉。この茶葉を約1時間かき混ぜ続けて焙煎し、仕立てています。備長炭から発せられる遠赤外線の熱によって茶葉を芯から温めることで、濃厚さ、コクがより引き立てるのです。

にほんものポイント

狭山茶の産地で約250年間お茶をつくり続ける緑茶農園です

狭山茶の産地で約250年間お茶をつくり続ける緑茶農園です

大西園製茶工場は江戸時代末期に創業し、約250年の歴史を持つ緑茶農園です。自社茶畑がある埼玉県入間市は狭山茶の産地。冬の気温が低いため茶葉が厚みを持ち、春には肉厚な新芽をできるのです。狭山茶を自ら育て、製茶、販売することにこだわっています。


手もみ茶とそれをつくる園主の存在に注目です

品種別の茶やオリジナル商品など様々な商品がある中、注目すべきは手もみ茶です。特別に仕立てた専用茶園の新芽を手摘みし、約6時間かけもみ上げて完成する手もみ茶は、最高級品だと1キロあたり158万円もの価格が付く貴重なもの。14代目園主の中島毅さんの技術があってこそできるものです。


“永世茶聖”の称号を持つ園主の技術に支えられています

手もみ茶は、手でもむことにより葉の細胞が壊れにくく機械製では出すことのできない形、香り、滋味となります。それを支えるのが、全国手もみ茶品評会で頂点を5度以上獲得した者に贈られる“永世茶聖”の称号を持つ、14代目園主の中島毅さんの卓越した技術です。


おすすめコメント

狭山茶の産地に昔から受け継がれている『狭山火入れ』という、じっくり時間をかけて火入れを行う伝統技法を取り入れた特別なお茶です。

大西園製茶工場 14代目園主
中島毅

                     
サイズ 縦230mm×横110mm×高さ10mm
重量 (g) 130g
産地(県名) 埼玉県
原材料
賞味期限 12カ月
内容量 100g
保存方法 要冷蔵。開封後は密閉性と遮光性のある容器で常温保存風通しの良いところで保存
発送予定日 2営業日程度で発送
送料 900円(北海道、沖縄県は別料金)
北海道:1,250円
沖縄県:2,000円
配送 メーカー直送
備考

関連商品

最近見た商品