平田こうじ店

仙年みそ3種セット

¥2,600(税込)

北海道東川町で大正13(1924)年の創業以来、約100年もの間糀や味噌を作り続ける平田こうじ店。東川町には上水道がなく、町民が大雪山系の伏流水で生活しています。平田こうじ店も例外ではなく、創業以来この伏流水を使い続け、また糀(こうじ)の製法も変えることなく、伝統の技と味を守っています。こちらは、その水と技から生まれる「仙年みそ」の「こし」「天日塩」「玄米」の3種類が入ったセットです。「こしみそ」は糀の粒を潰しているので、粒が苦手な方や酢みそなどの料理にも最適。「天日塩みそ」は天日塩を使用することで口当たりが良くまろやかな味わいで、ほのかな甘みも感じられます。「玄米みそ」は玄米特有のコクが感じられる味噌。甘みもあり、生産量が極端に少ないため希少な味噌となっています。

にほんものポイント

大雪山系の伏流水を使い、約100年もの間、味と技を守っています

大雪山系の伏流水を使い、約100年もの間、味と技を守っています

大正13(1924)年創業の平田こうじ店。約100年もの間、北海道東川町で伝統の技と培った味を守り続けています。注目したいのは「水」。東川町は全国でも珍しい上水道がない自治体で、町民は大雪山系の伏流水で生活しています。その伏流水が、変わらぬ味の大きな理由になっています。


創業時から変わらない製法で作り上げる糀にも注目です

創業時から変わっていないのは、「水」だけではありません。味噌を作るために用いる糀(こうじ)もまた、創業時から製法を変えず、伝統を守り続けています。平田こうじ店の糀の特徴は、甘みが強いこと。この糀を用いて、平田こうじ店の「仙年みそ」は作られています。


やわらかく仕上がった味噌は、大人にも子どもにも愛されています

大雪山系の伏流水と伝統の糀を使って作られた「仙年みそ」は、お湯に入れるとさっと溶けてしまうほどのやわらかさ。「今まで味噌汁を飲まなかった子どもたちが、『この味噌なら飲む』と言ってくれる」という親からの声も届くほど、老若男女を問わず親しめる味わいです。


おすすめコメント

3種類の味噌が500gずつ入っているので、食べ比べや用途に応じて種類を変えるといったように、様々な楽しみ方ができますよ。

平田こうじ店 代表
平田康高

                     
サイズ
縦150mm×横340mm×高さ50mm
重量 (g)
1,780g
産地(県名) 北海道
原材料
仙年みそ(こし、天日塩、玄米):米(北海道産)、大豆(北海道産、遺伝子組み換えでない)、食塩
賞味期限
6カ月
内容量
仙年みそ(こし):500g
仙年みそ(天日塩):500g
仙年みそ(玄米):500g
保存方法
要冷蔵(10度以下)、開封後は他の容器に移し替え要冷蔵保存
発送予定日 2営業日程度で発送
送料
1,400円(北海道は別料金)
北海道:900円
配送 メーカー直送
備考

関連商品

最近見た商品